地域保健バックナンバー

定価:1507円(税込)

2022年7月号

座談会
災害時の保健活動を再考する  ─ 保健師が力を発揮するために統括保健師がすべきこと

特集
避難所の現状と課題  ─ 保健師が知っておきたいこと

各地で地震が頻発し、豪雨災害の季節も近づいている。災害への備えは必須だ。保健師が災害時に頼りになる専門職であることは言うまでもないが、その一方で本来の役割を見失いかけているのではないかとの指摘もある。
2022年7月号では、まず座談会で保健師が災害時にすべきことについて、あらためて統括保健師を中心に考える。また、保健師が知っておくべき避難所の現状と課題について、さまざまな角度の情報を掲載する。

  • ちょっと読む
  • 購入する
  • 詳しく見る

定価:1507円(税込)

2022年5月号

特集
「医療的ケア児と家族への支援」

5月号の特集は「医療的ケア児と家族への支援」です。
令和3年6月、「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」が成立し、同年9月18日より施行された。胃ろうのケアやたんの吸引、人工呼吸器などの医療的ケアが日常的に必要な子どもとその家族への支援を充実させることが目的だ。医療的ケア児とその親が地域生活を始めるとき、行政サービスにうまくつながるかどうかは、保健師の初期の丁寧な関わりが大きいが、在宅医療や訪問看護が充実してくると保健師の役割は見えにくくなっているのではないだろうか。
今号では、医療的ケア児とその家族の支援について、情報のアップデートを行い、保健師の役割について座談会や事例をもとに考えたい。

  • ちょっと読む
  • 購入する
  • 詳しく見る

定価:1507円(税込)

2022年3月号

座談会
精神障害にも対応した地域包括ケアシステムと市町村保健師の役割

鼎談
母子保健とコロナ禍

3月号の座談会は「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムと市町村保健師の役割」、鼎談は「母子保健とコロナ禍」です。

  • ちょっと読む
  • 購入する
  • 詳しく見る

定価:1507円(税込)

2022年1月号

新春座談会
コロナ禍における統括保健師の役割-不安と混迷の時代に

特集
「高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施」の推進ーコロナ禍でいかに進めるか

新春座談会のテーマは【コロナ禍における統括保健師の役割-不安と混迷の時代に】です。
また、特集は【「高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施」の推進ーコロナ禍でいかに進めるか】です。

  • ちょっと読む
  • 購入する
  • 詳しく見る

ページトップへ