• 2020年7月号
  • 児童福祉法の改正により、国はこの4月から「体罰等によらない子育て推進」の啓発キャンペーンを始めたところだ。虐待は通報だけでは防げない。より根本的に防ぐには、虐待を行った親を責めるのではなく、親を支える社会の役割が重要で、行政の保健師であればそれを踏まえて実践していることだろう。
    しかし、しつけと体罰の捉え方は、保健師などの専門職であっても、多少は必要と考える人も少なからずいるという。本特集では、ガイドラインの解説をはじめ、逆境的小児期体験が大人になってから及ぼす影響に関する研究や、虐待予防の最前線で母子保健に期待される役割などについて、座談会や事例を通してお伝えする。

    画像

    20207月号

    定価:本体 1370円+税
    第51巻4号
    発行日:2020年7月1日
    B5版 96ページ

    特集どこからが体罰か 体罰等によらない子育て推進における母子保健の役割

    画像

    <座談会>なぜ体罰はいけないか
     逆境的小児期体験が及ぼす影響と虐待予防

    【座談会出席者】 五十音順
     高祖常子さん(NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク)
     中板育美さん(武蔵野大学)=司会
     福丸由佳さん(白梅学園大学)

    ◎体罰等によらない子育ての推進について
    柴田拓己(厚生労働省 子ども家庭局 家庭福祉課 虐待防止対策推進室 室長)

    ◎マルトリートメント予防モデル 大阪の取り組み
     友田明美(福井大学 子どものこころの発達研究センター)
     
    ◎スウェーデンに学ぶ 子育て支援に求められる社会の覚悟
     大日向雅美(恵泉女学園大学)

    ◎子どもの人権
     森 保道(森・石光法律事務所)

    ◎幼少期の逆境体験と生涯にわたる健康
     伊角 彩(東京医科歯科大学)

    ◎長く親しまれてきた「ほめかた絵本」 《事例 京都府》
     中丹西保健所 中丹東保健所

    ひよこ、ホップ、ステップ、ジャンプ!

    画像

    桑本美智代さん(京都府 中丹東保健所 保健課)

    ピープル

    西村貴好さん(一般社団法人 日本ほめる達人協会 理事長)

    寄稿

    新型コロナ対応に伴う保健所職員の健康障害を防止しよう
    三隅達也(山口大学経済学研究科企業経営専攻〈医療・福祉経営コース〉)

    活動報告

    「ほめ達!」活用のススメ 滞納整理業務の現場から
    岡元譲史(寝屋川市)

    連載

    高齢者の「通いの場」づくりの取り組みとその効果【連載】

    第2回 住民主体・部署を超えた横断的な取り組みによる高齢者の「通いの場」づくり
    阿部吉晋ほか

    ゲーム障害とスマホ依存―地域保健にできること【連載】

    第2回 「ひきこもり症候群」から見たメディアのインパクト
    磯村 毅

    虐待予防は母子保健から 指導ではなく支援

    第8回 母子保健の虐待予防における援助関係形成に求められるもの
    鷲山拓男

    ESSAY国際保健

    第38回 コロナ禍の学びと心に響く言葉
    松田正己

    保健師のための閑話ケア

    第89回 夏の思い出
    藤本裕明

    中臣さんの環境衛生ウオッチング

    第74回 保健所環境衛生監視員の視点から見た新型コロナウイルス
    中臣昌広

    ページトップへ