2014年12月号

保健師として成長する上で重要な時期にあたる中堅期の人材育成について、キャリアパスの導入とともに考える。各地の好事例も紹介。

画像

201412月号

定価:本体 857円+税
第45巻12号
発行日:2014年12月1日
A5版 112ページ

特集中堅期の人材育成

保健師の人材育成は、新任期については全国的に実施されているものの、中堅期や管理期が手薄な状況だ。中でも中堅期は、保健師としての成長を図る上で非常に重要な時期であるとともに、自治体職員として管理職を目指すのか、現場の“保健師”としてキャリアを積むのか、分岐点に立つ時期でもある。

今月の特集では、保健師のキャリアパスを描く中で中堅期の位置付けと育成を考察するとともに、中堅期の人材育成に力を入れている各地の事例を掲載する。

  • 中堅期の人材育成と保健師のキャリアパス
    中板育美(日本看護協会)
  • 県看護協会と県の協働で人材育成を図る
    ~秋田県看護協会の中堅期保健師コンサルテーション事業~
    太田敦子(秋田県看護協会)
  • 指導者の同時参加で人材育成の定着化を図る
    ~滋賀県看護協会における保健師中堅者研修~
    三上房枝(滋賀県看護協会)、黒橋真奈美(滋賀県健康医療福祉部)
  • 「保健師八策」をめざした階層別研修
    ~高知県における中堅期の人材育成~
    松岡智加(高知県健康政策部)
  • 官学連携で取り組む「保健師の力育成事業」
    ~宮崎県における中堅期保健師への現任教育~
    坂本三智代(宮崎県福祉保健部)

フロントランナー

林公子さん(香川県西讃保健福祉事務所 保健対策課 課長)
文:太田美由紀 写真:カミヤス セイ

FOCUS

ヤングケアラー 支援の輪を広げよう。
一般社団法人日本ケアラー連盟 ケアラー支援フォーラム2014
取材:編集部

REPORT

平成26年度保健師中央会議開催
取材:編集部

 

ニュース

  • メンタルヘルス対策やデータヘルスをテーマに連携を模索
    ~「平成26年度 地域・職域連携推進事業関係者会議」から~
  • 乳幼児健康診査に15の問診項目を追加
    ~「『健やか親子21』の最終評価等に関する検討会」から~
  • 自治体常勤保健師は全体で380人増 福祉事務所への配置も進む
    ~「平成26年度 保健師活動領域調査」から~

ひよこ、ホップ、ステップ、ジャンプ!

太田奈那子さん(愛知県津島保健所 健康支援課)
文:太田美由紀 写真:C.Kent

ピープル

秋川リサさん(女優、ビーズ刺繍作家)
介護を一人で背負わないで、自分の人生も大切に
利用できるサービスは利用し、周囲にも甘えて
文:編集部 写真:カミヤス セイ

情報BOX

訪問に役立つ“安心・安全”の豆知識
BOOK
月間レーダー
information
月間レーダー special edition?!
総合目録

連載

隔月連載 東日本大震災で求められている公衆衛生活動とは

第5回 未来の平時を意識した地域(まち)づくりへの転換期
佐々木亮平、岩室紳也

保健師のための閑話ケア

第48回 講演旅行記⑫
藤本裕明

中臣さんの 環境衛生ウオッチング

第33回 デング熱と蚊対策
中臣昌広

いまどき子育てアドバイス

第207回 赤ちゃんとの関わり方、遊び方(7)
中川信子

ページトップへ