2009年12月号

「がん対策基本計画」では平成23年度にがん検診受診率50%以上の達成が掲げられた。国のがん対策と受診率を向上させた自治体の取り組みを紹介。

画像

200912月号

定価:本体 857円+税
第40巻12号
発行日:2009年12月15日
A5版 96ページ

特集がん検診受診率を上げる 受診率50%と死亡率減少を目指して

がんは日本人の死亡原因の第1位であり、生涯リスクは男性51%、女性39%となっている(2002年罹患・死亡データに基づく)。国は平成17年に厚生労働大臣を本部長とする「がん対策推進本部」を設置、19年度には「がん対策基本法」を施行するとともに「がん対策推進基本計画」を策定した。同計画の中では23年度に各種がん検診の受診率50%以上達成が掲げられている。国のがん対策と、保健師等の努力によって受診率向上に成功した自治体の取り組みを紹介する。

  • わが国における「がん」の現状と対策
    森 創(厚生労働省健康局総務課がん対策推進室)
  • 案内・申し込み・勧奨一体型の申込書で受診率向上《山形県酒田市》
    取材:西内義雄
  • 「お得感」をくすぐる広報戦略が功を奏して ~健診を受けてゲットだ お米券~《山形県米沢市》
    横山久子(米沢市健康福祉部健康課)
  • 胃がん検診を主体とした早世予防と健康寿命延伸 ~検診受診率向上と死亡率減少を目指して~《富山県滑川市》
    石原和子(滑川市民健康センター)
  • 4つのがん検診で精密検査受診率ほぼ100%を達成《千葉県長生郡長生村》
    池 礼子(長生村役場健康推進課)

FACE 2009

大森純子さん(聖路加看護大学地域看護学准教授)
文:編集部 写真:カミヤス セイ

ひよこ保健師 season3

栗栖由佳さん(和歌山県東牟婁振興局健康福祉部〈新宮保健所〉串本支所)
文・写真:西内義雄

REPORT

「薬を使わない」生き方と「親離れ子離れ」と家族の「再構築」
~社会復帰施設「茨城ダルク」の活動と「茨城ダルク家族会」のプログラム~
取材:編集部

FOCUS

保健師と成年後見・市民後見の5つの関係
宮内康二(東京大学・筑波大学 文部科学省「社会人の学び直し」市民後見人養成プロジェクト)

研究報告

認知障害者への非薬物的介入効果
~Mild Cognitive Impairment Screen(MCIS)による検討~
長 愛(福岡大学医学部神経内科学)ほか

速報 新型インフルエンザ

インフルエンザ脳症が増加

行政のうごき

  • 「特定健康診査・特定保健指導等受診率向上に関する事例集作成検討会」(第1回)開催
  • 自殺対策緊急戦略チームが発足/福島大臣がハローワークでの総合相談に保健所、保健師の協力要請
  • 自殺対策100日プランを発表

情報BOX

本のレストラン
月間レーダー
ナンバーわんちゃんの数字クイズ
information
月間レーダー special edition?!
保健指導に役立つ気になるコトバ
ナンバーわんちゃんの数字クイズ答え
月刊地域保健 総合目録(2009年)

連載

いまどき子育てアドバイス

第147回 いろんな子どものいろんな育ち(11)
中川信子

ページトップへ