2009年4月号

乳がんサバイバーの現役保健師へのインタビュー、「女性の健康週間」ほか厚生労働省の取り組み、性差医療の解説、各疾患の最新知見を紹介。

画像

20094月号

定価:本体 857円+税
第40巻4号
発行日:2009年4月15日
A5版 96ページ

特集女性の健康づくり支援

性差医療が注目され、女性専門外来も花盛りである。しかし一方で子宮頸がん検診率が諸外国と比べかなり低いなど、まだ啓蒙が十分とはいいがたいのが現状である。厚生労働省は3月1~8日を「女性の健康週間」とし、「女性の健康づくり推進懇談会」「生涯を通じた女性の健康づくりについてのワーキンググループ」を立ち上げるなど、女性の健康づくり対策を積極的に推進している。

特集では、乳がんを体験した保健師のインタビューを通じて、この問題への保健師の視点を整理した。さらに厚生労働省の取り組み、各種疾患の最新知見、性差医療の解説等、保健師活動に参考となる情報を網羅した。

  • We Can Fight!
    「何もしなくても、生きてるだけで、人間はすごい!」
    乳がんサバイバー”の現役保健師・青木美保さんインタビュー
  • 女性の健康づくりの支援について
    坂本友紀(浜松市保健所)
  • 性差医療から見た内臓脂肪・生活習慣病危険因子の問題
    天野恵子(財団法人 野中東皓会 静風荘病院)

<各疾患の最新知見>

  • 子宮内膜症
    百枝幹雄(東京大学医学部附属病院)
  • 摂食障害
    中井義勝(烏丸御池中井クリニック)
  • 骨粗しょう症
    細井孝之(国立長寿医療センター)
  • 更年期障害
    太田博明(東京女子医科大学)
  • 乳がん
    竹井淳子、中村清吾(聖路加国際病院)
  • 子宮がん
    瀧澤 憲(癌研有明病院)
  • 女性と歯の健康
    伊藤加代子(新潟大学医歯学総合病院)
  • 若者の性感染症の現状
    赤枝恒雄(赤枝六本木診療所)

FACE 2009

梶田悦子さん(名古屋大学医学部保健学科教授)
文:編集部 写真:カミヤス セイ

REPORT

第67回日本公衆衛生学会総会開催
取材:編集部

JICAの保健師活動

アフリカ セネガルでの保健活動
土屋由里子(伊勢原市役所子育て支援課)

ひよこ保健師 season3

田中 綾さん(福岡県宗像市役所健康福祉部健康づくり課)
文・写真:西内義雄

行政のうごき

  • 総合カリキュラムについて議論
    第1回 大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会
  • 報告書内容について議論
    第6回 受動喫煙防止対策のあり方に関する検討会

情報BOX

本のレストラン
月間レーダー
information

連載

いまどき子育てアドバイス

第139回 いろんな子どものいろんな育ち(3)
中川信子

ページトップへ