2004年6月、7月合併号

第1特集:わが国最大の感染症である結核。特に成人期に焦点を当て、その基礎知識や現状、正しい対策について解説。
第2特集:親から子へのタッチコミュニケーションであるベビーマッサージについて、その定義や効果、実際の方法、事業で活用するときのポイントを紹介。

画像

20046.7月号

定価:本体 1520円+税
第35巻6号
発行日:2004年7月15日
A5版 160ページ

第1特集成人期の結核対策-その予防と治療

今でもわが国最大の感染症である結核について、特に成人期に焦点を当て、その基礎知識や現状、正しい対策について解説。

  • 総論1 結核の基礎知識
    青木正和
  • 総論2 成人期結核の疫学的特徴
    大森正子
  • 各論1 結核発病の背景因子
    阿彦忠之
  • 各論2 診断の遅れと治療
    佐々木結花
  • 各論3 集団感染対策
    成田友代
  • 各論4 確実な服薬支援の取り組み
    加藤誠也
  • 各論5 都市部の結核対策
    黒木美弥

第2特集母子保健事業で生かすベビーマッサージ

親から子へのタッチコミュニケーションであるベビーマッサージについて、その定義や効果、実際の方法、事業で活用するときのポイントを紹介。

  • インタビュー
    ①ベビーマッサージの定義と効果
    ②べビーマッサージの方法
    ③事業で活用するときのポイント
    大葉ナナコ

スポット

  • 【インタビュー】大川弥生氏 地域生活の中での高齢者の生活機能の向上を
    「高齢者リハビリテーション研究会報告書」を読む(1)
    大川弥生
  • 第4回日本公衆衛生看護研究大会開催
    「公的責任を果たす保健活動のあり方」テーマに

活動報告・研究報告・調査報告

  • 【研究報告】地域における多重リスク症候群の疫学と予防
    岡崎 勲・渡辺 哲

Voice

「らくちん」と思える日々が一日でも多くなりますように!
日本AS(強直性脊椎炎)友の会

連載 その他

「これからの地域保健福祉対策に従事する保健師の活動のあり方に関する研究」より
平野かよ子

情報BOX

わたしの図書室
月間レーダー
information

連載

対談 ヘルスプロモーションを語る

ヘルスプロモーションとはみんなでエンパワーしていく取り組み
ゲスト 藤内修二
インタビュアー 岩室紳也(社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長)

いまどき子育てアドバイス

発音(構音)の発達(3)
中川信子(言語聴覚士)

ページトップへ