2004年2月号

入院医療中心から地域ケア中心へ移行しつつある精神障害者施策の新しい流れの現状と問題点を探るとともに、精神障害者支援の現場の声を座談会で紹介。

画像

20042月号

定価:本体 762円+税
第35巻2号
発行日:2004年2月15日
A5版 112ページ

特集精神障害者支援の新しい流れ ~地域ケア体制の充実を目指して~

入院医療中心から地域ケア中心へ移行しつつある精神障害者施策の新しい流れの現状と問題点を探るとともに、精神障害者支援の現場の声を座談会で紹介。

  • 総論 精神障害者支援の現状と展望
    竹島 正
  • 各論 精神障害者支援の実践から
    現状と問題点
    ①地域精神医療の立場から
    《稲垣俊雄》
    ②保健師の社会復帰支援の立場から
    《久保田憲子・石井浩子》
    ③地域の保健師の立場から
    《小林政子》
    ④共同作業所の立場から
    《櫻庭孝子》
    ⑤地域生活支援センターの立場から
    《今村まゆら》
  • 座談会 精神障害者支援の現場から
    地域で支えていくために
    【出席者】
    小川一枝=司会
    安達勇二
    北川裕道
    鈴木正子

Voice

個性に合った生き方のできる社会環境を目指して
「つくしの会」~軟骨無形成症患者・家族の会

取材

平成15年度介護予防指導者養成支援研修会から(3)

情報BOX

わたしの図書室
月間レーダー
information

連載

保健師のためのEBN入門

栄養指導のための科学的根拠:肥満と食行動
佐々木 敏

いまどき子育てアドバイス

ファースト・ソフト・タッチ
中川信子(言語聴覚士)

ページトップへ