2003年10月号

電話相談や面談・面接などで相手を感じ取る力=保健師の感性について、松永敏子、山田恵理子、石井享子の各氏がてい談で語る。

画像

200310月号

定価:本体 762円+税
第34巻9号
発行日:2003年10月15日
A5版 112ページ

てい談保健師の感性とは

電話相談や面談・面接などで相手を感じる力=保健師の感性について、松永敏子氏、山田恵理子氏、石井亨子氏によるてい談を掲載。

  • てい談
    専門性への理解からケース共有へ
    周囲を巻き込めば中身がふくらむ
    見える感性、見えない感性
    住民に喜ばれる経験の大切さ
    潜在している地域特有の問題を拾う
    他職種とのつながりとジレンマ
    テリトリーにこだわらないケースへの取り組み方
    事例検討会で感性を育てる
    たくさんの事例が想像力を育てる
    感性から行動へ
    仕事に夢をどう描くか
    感性を問題解決につなげる
    【出席者】
    永敏子
    山田恵理子
    石井享子

Voice

歌い、笑い、遊びそして主張しよう
「SSPE青空の会」~亜急性硬化性全脳炎患児の家族の会

スポット

  • 在宅の虚弱高齢者に対する転倒予防教室の介入効果
    大和市役所高齢者福祉課・和島英明ほか
  • 厚生労働省研究班報告
    科学的根拠に基づく乳がん診療ガイドライン(1)

連載 その他

「地域リハビリテーション連携システムの整備支援モデル事業について」より
惠上博文

情報BOX

わたしの図書室
月間レーダー
information

連載

保健師のためのEBN入門

栄養指導は科学的に選択・評価されているか
指導効果・評価法入門
佐々木 敏

いまどき子育てアドバイス

親と専門家をつなぐ
「ちがうけど同じだね」の気持ち
中川信子(言語聴覚士)

ページトップへ