2002年6月、7月合併号

第1特集:睡眠と脳とこころの健康の関係について理解するとともに、睡眠をキーワードにした広島県庄原市の健康推進事業「心と体の元気塾」の活動をクローズアップ。
第2特集:筑波大学の磯博康氏の講演「脳卒中と虚血性心疾患の新しい危険因子」の掲載と、同氏へのインタビューで構成。

画像

20026.7月号

定価:本体 1520円+税
第33巻06号
発行日:2002年7月15日
A5版 160ページ

第1特集睡眠・ライフスタイルと脳・心身の健康

睡眠と脳とこころの健康の関係について理解するとともに、睡眠をキーワードにした広島県庄原しの健康推進事業「心と体の元気塾」の活動をクローズアップ

  • PART1
    睡眠確保から脳とこころのヘルスプロモーション
    田中秀樹
  • PART2
    心とからだの元気塾はこうして始まった
    兼森美幸
  • PART3
    地域住民・保健師と大学との協同研究事業を考える
    ―心とからだの元気塾を通して
    田中久江

第2特集循環器疾患の新しい危険因子

新しい危険因子と発症のメカニズムについて磯博康・筑波大学教授にインタビュー。

  • PART1
    日本循環器病予防学会特別講演から
    脳卒中と虚血性心疾患の新しい危険因子
  • PART2
    インタビュー 危険因子と発症のメカニズム

視座

新しい疾患概念~生活機能病の提唱~
西岡久寿樹

スポット

  • 読谷村における“ゆいま~る共生事業”ミニデイサービスの展開と介護予防
    岡野初枝ほか
  • 住宅改善支援の地域ネットワークづくり
    尾形由起子ほか
  • 介護予防指導者養成支援研修会のグループ討議から
  • 【提言】機能訓練事業A型のあり方と有効性について》
    和島英明、菊地原広憲

取材

  • 第2回日本赤ちゃん学会
    特別講演 愛は脳を育てる
    シンポジウム4 育児の環境学
    中川信子

情報BOX

わたしの図書室
月間レーダー

連載

フランスの制度論が教える地域で患者を支えるこつ

市町村保健師の仕事から見える日本の精神医療保健福祉
三脇康生

NPOによる子育て支援

子どもの輝きを表に引き出すプレイリーダー
角 麻里子

いまどき子育てアドバイス

子どもとの話し方(2)
身振りやサインを大切に使う
中川信子(言語聴覚士)

ページトップへ