2002年2月号

ライフスタイルと健康との関連を研究する大阪大学の森本兼曩氏に、日常生活と体の健康度の関わり、免疫力を高める生活習慣を聞く。

画像

20022月号

定価:本体 762円+税
第33巻2号
発行日:2002年2月15日
A5版 112ページ

特集ライフスタイルと健康年齢

ライフスタイルと健康との関連を研究する森本兼曩・大阪大学教授に、日常生活と体の健康度のかかわり、免疫力を高める生活習慣を聞く。

  • インタビュー 森本兼曩先生にきくライフスタイルは意識と行動の総合的な表れ
    同年齢で疾病罹患率に二倍の差
    健康年齢が若返る社会的メリット
    行動を根底で規定する健康意識
    行動変容の評価や働きかけ
    がんとライフスタイルとNK細胞
    今後の課題

視座

乳幼児健診の今日的役割
前川喜平

活動報告・研究報告・調査報告

  • 【研究報告】フットケアのあり方に関する研究事業報告・抜粋
    施設入居者の足の爪の実態
  • 【調査報告】乳幼児健診後の要経過観察児の実態
    保健センター等の言語聴覚士に対する調査
    鈴木三樹子、加藤正子

情報BOX

わたしの図書室
月間レーダー

連載

フランスの制度論が教える地域で患者を支えるこつ

制度論的精神療法とセクター制度の内実
三脇康生

NPOによる子育て支援

子どもと共に歩む大人を願って
角 麻里子

いまどき子育てアドバイス

テレビを消してみませんか
中川信子(言語聴覚士)

ページトップへ