お知らせ

【地域保健ネットワーク】2022年5月号「ピープル」五十嵐 匠さんの記事を掲載しました

【インタビュー】
保健師の礎を作った〝じょっぱり看護〟花田ミキさんを映画化したい

◉映画監督 五十嵐 匠さん


ロシアのウクライナへの攻撃に世界中が注目している。市民の暮らす街に爆弾が落とされ、命が失われていく様子が刻々と伝えられてくる。新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るい、人々の暮らしを脅かし続けている。そして、普通の暮らしの中にも孤独や苦しみがあり、死がやってくる。命と健康を守ることを使命として与えられた保健師に何ができるのか。映画監督として、いま何ができるのか。
(写真:藤田浩司さん 取材・文:太田美由紀さん)

<プロフィール>
五十嵐 匠(いがらし・しょう)さん

1958年、青森県生まれ。立教大学文学部卒業後、TBS「兼高かおる世界の旅」制作のため、アラスカをはじめ世界各国を回る。岩波映画・ドキュメンタリー映画監督の四宮鉄男監督に師事。1989年に16ミリ映画『津軽』で劇場映画デビュー。テレビやビデオの演出も手掛ける。『ナンミン・ロード』『SAWADA』『みすゞ』『HAZAN』『長州ファイブ』『半次郎』『二宮金次郎』など多くの劇映画、ドキュメンタリー映画を発表。『島守の塔』を沖縄返還50年の2022年公開予定。
https://hanadamiki.com/

リンク

お知らせ

ページトップへ