お知らせ

【最新号】地域保健 2022年7月号を発行しました

地域保健 2022年5月号(第53巻 第74号)を2022年7月1日に発行しました。
---
各地で地震が頻発し、豪雨災害の季節も近づいている。災害への備えは必須だ。保健師が災害時に頼りになる専門職であることは言うまでもないが、その一方で本来の役割を見失いかけているのではないかとの指摘もある。
2022年7月号では、まず座談会で保健師が災害時にすべきことについて、あらためて統括保健師を中心に考える。また、保健師が知っておくべき避難所の現状と課題について、さまざまな角度の情報を掲載する。

地域保健2022年7月号表紙

地域保健2022年7月号表紙

【座談会】災害時の保健活動を再考する  ─ 保健師が力を発揮するために統括保健師がすべきこと

災害時の支援には多くの職種が関わるようになった。中でも保健師は健康面から支援に関わる重要な職種であり、災害時の保健活動マニュアルを整備する自治体も増えている。一方、被災地にはさまざまな専門支援チームが入るようになり、以前に比べ保健師の存在が相対的に埋没している感がある。保健師が専門職としてのアイデンティティーを見失い、対応に振り回される状況が続けば、バーンアウトのリスクが高まる。また保健師が有効に機能しないことは被災者・住民の不利益につながる。
座談会では、災害時に保健師が本来なすべきことを整理しつつ、それらを妨げる要因を探り、保健師が効果的・効率的に力を発揮するための方策を統括保健師の立場から考える。

(出席者)
・奥田博子さん(国立保健医療科学院)=司会
・島村通子さん(静岡県健康福祉部)
・柗野今日子さん(八王子市総務部)
・茅野かずみさん(広島県竹原市市民福祉部)

【特集】避難所の現状と課題  ─ 保健師が知っておきたいこと

避難所の環境の悪さは災害関連死にもつながるため改善が求められており、段ボールベッドやマンホールトイレの設置など、さまざまな工夫がなされるようになってきた。しかし、トイレ対策ひとつをみても、司令塔の不在や防災トイレ計画の未策定など、わが国の避難所対策は課題が残る。国際的には常識である被災地における人権感覚が希薄であることが、これらの背景にはありそうだ。
特集では、避難所の現状と課題という側面から、保健師が知っておきたいトピックを掲載する。

◎わが国の避難所の課題
 石井美恵子 (国際医療福祉大学大学院)
◎災害時に母子を支えるために─心理的安全性を築く拠点作りの重要性
 吉田穂波 (神奈川県立保健福祉大学大学院)
◎避難所の歯科保健の重要性
 中久木康一 (東京医科歯科大学)
◎JRATについて─避難所における生活不活発病予防とリハビリテーション支援
 栗原正紀 (一般社団法人日本災害リハビリテーション支援協会)
◎命を守る避難所のトイレ対策
 加藤 篤 (特定非営利活動法人日本トイレ研究所)
◎避難所での性的マイノリティの人々を取り巻く課題
 山下 梓 (弘前大学)

リンク

お知らせ

ページトップへ