ニュース

平成27年 市区町村別生命表の概況

4月17日、厚生労働省は「平成27年 市区町村別生命表」の概況を公表した。市区町村別生命表は、死亡状況を市区町村単位で比較分析するため、国勢調査による日本人人口(確定数)と人口動態統計(確定数)による日本における日本人の死亡数、出生数をもとに、平成 12年から5年(国勢調査年)ごとに作成したもので、今回が4回目となる。

平均寿命(0歳の平均余命)の分布を市区町村別にみると、男では80.5年以上81.0年未満、女では86.5年以上87.0年未満に最も多く分布している。平均寿命は、男性は神奈川県横浜市青葉区の83.3年、女性は沖縄県中頭郡北中城村の89.0年が最も高く、男性、女性ともに大阪府大阪市西成区が最も低くなっている。

リンク

ニュース



ページトップへ