イベント情報

【研修】新型コロナウイルス感染症対策等に対応する保健師のストレスマネジメント(5/22、5/29、7/3、7/24)

昨今のCOVID-19対策においては、その流行が長期化しており、過剰な業務量とマンパワー不足によって感染症対策に従事する保健師は疲弊している状況にあります。保健師の離職を予防するために、COVID-19対策に携わる保健師のメンタルヘルスに対する支援が課題となっています。

本研究は文部科学省科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)により行われるものです(課題番号:21K10976)。

■ 研修名
新型コロナウイルス感染症対策等に対応する保健師のストレスマネジメント
-認知行動療法を活用したリモート研修プログラムの作成と有効性の検討-

■ 日程(いずれも2021年)
・5月22日(土)13時~15時
・5月29日(土)13時~15時
・7月3日(日)13時~15時
・7月24日(日)13時~15時

いずれかの日程でご都合のよい日をお知らせください。
※研修時間は2時間程度、アンケート回答時間は受講前後各20分程度を予定しています。

■ 研修の目的
認知行動療法を活用したリモート研修プログラムを新型コロナウイルス感染症対策に携わる保健師に対して実施し、疲弊する状況の中にあっても、保健師が自らのストレスマネジメントを行うことができることを目的としています。

■ 研修内容<講義・演習>
1.はじめに~本研修の目的
2.自分の心を見つめよう/自分の困っていることを整理しよう
3.気持ちをつらくする受け止め方、「認知」を知ろう
4.バランスよく考えて、気持ちを楽にしよう
5.困っていることを解決しよう
6.エクササイズを体験しよう
7.まとめ・質疑応答

■ 講師
岡田 佳詠(Yoshie Okada)
国際医療福祉大学 成田看護学部

看護師に対する認知行動療法ストレスマネジメント研修を数多く行っております。

■ 参加費
無料
※本研究に対する同意(アンケートへのご協力)を得られる方に限らせていただきます。

■ 申し込み方法
以下の申し込みフォームから参加申し込みをお願いします。
https://onl.tw/8ReVGRy

申し込み受け付け後に、順次、研究についてのご説明とZoom情報についてご連絡いたします。

■ 企画・連絡・問い合わせ
国際医療福祉大学成田看護学部 中川陽子
住所:〒286-8686 千葉県成田市公津の杜4-3
E-mail:y-nakagawa@iuhw.ac.jp
電話:0476-20-7756

リンク

イベント情報

ページトップへ