イベント情報

東日本大震災から学ぶ復興期の福祉・保健・医療のあり方(11/30)

■ 日時
2018年11月30日(金)15時00分から18時15分

■ 会場
東京都健康長寿医療センター研究所 3階会議室 他
(板橋区栄町35-2)
・東武東上線大山駅徒歩4分
・都営地下鉄三田線板橋区役所前駅徒歩11分

■ 内容

【第1部 シンポジウム 15時15分から17時00分】
◎森田潔氏(一般社団法人気仙沼市医師会会長)
 『震災後の気仙沼における地域医療の展開』

◎村岡正朗氏(一般社団法人気仙沼市医師会理事・気仙沼市医師会付属高等看護学校校長)
 『震災後の多職種連携と地域連携(「気仙沼モデル」)』

◎金澤洋氏(一般社団法人気仙沼歯科医師会在宅歯科医療連携室室長)
 『東日本大震災が契機となった食支援ネットワークの形成と気仙沼・南三陸「食べる取り組み」研究会の活動』

◎大渕修一氏(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所研究部長)
 『東京都内における在宅サービスの災害対応の課題』

【第2部 基調講演 17時00分から17時40分】
菅原茂氏(気仙沼市長)
『復興から創生へ‐みんなが主役でみんなが応援しあうまちづくり‐』

■ 主催 東京都健康長寿医療センター

■ 協力 気仙沼支援医療・福祉関係5団体

■ 問い合わせ
東京都健康長寿医療センター
電話:03-3964-3241(内線4224)
担当:伊東・菅

東日本大震災から学ぶ復興期の福祉・保健・医療のあり方

リンク

イベント情報



ページトップへ