イベント情報

第33回日本保健医療行動科学会学術大会(6/22-24)

■テーマ
健康でつながる調和的なライフに向けて 行動変容へのホリスティック・アプローチ~

■期日
6月22日(金)~24日(日)(22日はエクスカーションのみ開催)

■会場
沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」(沖縄県那覇市)

■大会長
吉岡隆之(大阪滋慶学園、奈良学園大学)

■副大会長
高倉 実(琉球大学)

■プログラム
【基調講演】ナラティヴと行動変容のからくりを脳科学から探る―科学の限界を見すえて―/吉岡隆之、【特別講演】何が人を変えるか―ホリスティックコミュニケーションの実際/黒丸尊治、【シンポジウムⅠ】語る・聴く・書く:①看護師の立場から、②セラピストの立場から、③聞き書き作家の立場から、〔指定討論〕ナラティヴ・コミュニケーションの立場から、【シンポジウムⅡ】健康でつながる調和的なライフに向けて:①医療の立場から、②健康教育の立場から、③死生学の立場から、その他【体験学習ワークショップ】など。

■参加費(事前申込)
会員 5,000円、非会員 6,000円、大学院生 4,000円、学部学生 3,000円、非会員一日参加者 3,000円※当日参加はいずれも1,000円増し(一日参加は非会員のみの設定)。〈事前参加登録期限:2018年5月31日(木)〉※沖縄県の保健・医療・福祉関係者(学生を含む)向けの公開プログラムあり(参加費1,000円)。

■問い合わせ
〒631-8524 奈良市中登美ヶ丘3-15-1 奈良学園大学保健医療学部内
 第33回日本保健医療行動科学会学術大会実行委員会

リンク

イベント情報



ページトップへ