イベント情報

2018 厳冬期災害演習(1/13-14)

厳寒期に大規模停電発生? 氷点下2 2 度、すべての暖房と照明がダウン。
真っ暗な避難所の室内も氷点下に。今、避難所の資機材と個人の装備で本当に命を守ることができるか?

■日時
2018年1月13日 13:00~1月14日(15:00)

■場所
日本赤十字北海道看護大学
学生食堂・体育館・屋外・駐車場

■参加費
無料

■定員
先着150名 防災関係者のみ
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■募集期限
12月25日(月)

■服装、持参品
所属団体の服装(ベストやビブスの着用を推奨)、個人用避難生活用具、寝袋(冬用推奨)、懐中電灯(ヘッドライト推奨)、上履き(必須)

※毛布は一人一枚供給可能ですが、これのみで就寝することは不可能です。
※自治体、団体の整備している冬期対応資材(防寒用具)等を本演習でお試しください。
※動きやすく温かい服装でお越しください。防寒着、手袋は必ずご持参ください。
※ 就寝室温は4℃前後を予定しています。体調不良の方のご参加はご遠慮ください。

■お問い合わせ
日本赤十字北海道看護大学 災害対策教育センター
〒090-0011 北海道北見市曙町664-1 TEL:0157-66-3311 ㈹ FAX:0157-61-3125 ㈹

厳冬期2018リーフレット.indd

 

リンク

イベント情報

ページトップへ