イベント情報

進行性核上性麻痺(PSP)講演会・交流会~進行性核上性麻痺について正しく知ろう!~(12/3)

進行性核上性麻痺(PSP)とは、筋肉が硬くなる、眼球運動が障害される、後ろ向きに転倒しやすい等を特徴とする病気です。進行性核上性麻痺はパーキンソン病よりはるかにまれで、特に、筋肉のスムーズな動きと姿勢の調査を行っている脳の部位が侵されます。指定難病5に認定されています。

このたび患者・家族会(PSPのぞみの会)より、講演会・交流会のご案内をいただきました。
患者家族の方はもちろん、支援されている方などどなたでも参加できます。地域保健読者の皆さまもぜひご参加ください。

■日時
12月3日(日)13:30~16:00(開場:13:00)

■会場
独立行政法人国立病院機構 松江医療センター 大会議室
(松江市上乃木5丁目8番31号)

■対象
患者家族の方、支援されている方など、どなたでも参加もできます

■プログラム
第1部 講演会 ※患者家族の方、支援されている方など、どなたでも参加もできます
13:30~14:30
「進行性核上性麻痺の病状と最新の治療について」
◎講師 中島健二 医師
独立行政法人国立病院機構 松江医療センター 院長
難治性疾患等政策研究事業 神経変性疾患領域における基盤的調査研究」班 研究代表者

第2部 交流会 ※患者家族の方、ぜひご参加ください
14:45~15:45
交流会 ご本人やご家族同士で、普段の思いや講師への質問など自由に楽しくお話しましょう!

進行性核上性麻痺(PSP)講演会・交流会 チラシ表面

進行性核上性麻痺(PSP)講演会・交流会 チラシ表面

15:45~16:00 まとめ・閉会

■申し込み締め切り
2017年11月17日(金)

■定員
100名(先着)

■参加費
入場無料

■問合せ・申込み先
・島根県松江保健所 医事・難病支援課21
TEL 0852-23-1315  FAX 0852-21-2770
・しまね難病相談支援センター22
TEL 0853-24-8510  FAX 0853-22-9353

進行性核上性麻痺(PSP)講演会・交流会 FAX申込用紙

進行性核上性麻痺(PSP)講演会・交流会 FAX申込用紙

■主催
全国進行性核上性麻痺の患者・家族会(PSPのぞみの会)

■共催
独立行政法人国立病院機構松江医療センター・島根県・しまね難病相談支援センター

■後援
難治性疾患等政策研究事業「神経変性疾患領域における基盤劇調査研究」班

リンク

イベント情報

ページトップへ