イベント情報

重度障害者のための「視線入力シンポジウム2017」 in 出雲国(11/5)

重度障害者にとって「視線入力」はそのポテンシャルの高さは理解されつつも、機器が高額であったり、使用方法が難しいなどの点からあまり導入が進んできませんでした。一方で、この数年で安価な装置も出回り始めたことから、特にコミュニケーションや教育支援において大きな成果が認められるようになっています。

そこで、本シンポジウムでは、「視線入力」という古くて新しい方法を周知し、適切に導入してもらうことを目的として、日本で活躍する視線入力ソフトの第一線の開発者・研究者・コメディカル・支援学校教員や利用者(当事者) などを一同に集めてディスカッション・事例報告等を行います。

【日時】
2017年11月5日(日)09:00 – 17:30

【場所】
松江医療センター 大会議室

【プログラム】*内容は変更になることがあります
09:00-09:45 機器体験コーナー
10:00-10:15 オープニング
10:20-11:00 パネルディスカッション(ユニコーン中島氏・吉藤オリィ氏 など)
11:10-12:00 対談セッション(司会:三保浩一郎)
12:00-13:15 ランチセッション/休憩&機器体験コーナー

お弁当販売(事前申し込み)

13:30-15:00 事例発表セッション(支援学校教員・コメディカル など)
15:00-15:30 休憩&機器体験コーナー
15:30-16:30 自由討論セッション or 交流会
16:30-16:45 クロージング(まとめ)
17:00-17:30 機器体験コーナー

*登壇者のみなさんの情報は、以下の公式ページをご覧ください。
http://www.poran.net/ito/eye-sympo2017

【参加費】
1,000円
*患者当事者および介助者は無料

【持ち物】
お昼ごはん(近辺にコンビニ・飲食店がありません)
事前申し込みによりお弁当&お茶を販売します(1,000円)

【実行委員】
大会長 (調整中)
実行委員長 伊藤史人(助教・島根大総合理工学研究科)

大杉成喜(教授・皇学館大)
金森克浩(教授・日本福祉大学)
佐々木早苗(OT・松江医療センター)
吉岡翔太(OT・松江医療センター)
朝倉瑞貴(OT・松江医療センター)
佐藤尚美(スタッフ・しまね難病相談支援センター)
森脇繁登(OT・島根大医学部)
松村知華(PT・島根大学医学部)
加藤伸一(OT・鳥取医療センター)
中永秀繁(ALS患者)
千原貴大(筋ジストロフィー患者)

(敬称略)

【事務局】
しまね難病相談支援センター

【主催・共催・後援】
島根大学総合理工学研究科・出雲国スイッチ工房(島根大学)
しまね難病相談支援センター・島根県作業療法士会 など

【お申し込み】
Doorkeeper サイトからお申し込みください。
https://3d878a6e2acefa16fb70899216.doorkeeper.jp/events/65096

*FAXによるお申し込み用PDF 
http://www.poran.net/ito/wp-content/uploads/2017/09/sympo2017_regist.pdf

リンク

イベント情報

ページトップへ